くらわんか 藤田コレクション 「くらわんかの成立期」

0
     くらわんかの成立期

    波佐見では、1680年代頃から、国内庶民向けの安いやきものである「くらわんか」を生産開始します。手描きよりも早く模様がつけられるようスタンプ(「コンニャク印判」)を用いたり、重ね焼きをするなどして、やきものの量産を進めました。また、この段階、陶器用の土で成形した表面を白い泥で塗り、その上に「ゴス」という絵の具で絵を描き、釉薬をかけて焼き上げる、「陶胎染付」とよばれる特徴的なやきものも多く作られました。(文、波佐見町教育委員会 文化財保護係 中野雄二氏)





    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.07 Monday
      • -
      • 11:43
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:78 最後に更新した日:2018/04/27

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM