くらわんか 藤田コレクション 「くらわんかの成熟期」

0
     くらわんかの成熟期(1780年代〜1860年代)

    18世紀以降、波佐見で登り窯の巨大化を進めていき、この段階には世界最大規模の大新登窯を
    (全長170m)をはじめ、全長100mを超える長大な登り窯が8基同時に稼働することになります。
    そこから産み出された膨大な量の「くらわんか」は、伊万里港などから船積みされ、全国津々浦々に
    広く運ばれていきました。江戸時代、波佐見の「くらわんか」は、庶民のつつましい食卓を彩る日用の
    やきものとして、多くの人々に愛用されていたのです。
    (文 波佐見町教育委員会 文化財保護係 中野雄二氏)




    スポンサーサイト

    0
      • 2018.02.01 Thursday
      • -
      • 10:56
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:76 最後に更新した日:2018/02/01

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM